不動産の売却、建設、買取などについてマスターしよう

建設の際に

廊下と言うのは、ただ部屋と部屋を繋ぐための移動手段として主に利用します。そこに留まる事はほとんどないため、居住スペースとして広く取る必要がないわけです。ですから、都会で広い空間を求める場合には真っ先に節約すべきスペースとして、三栄建築設計では考えられるようになっています。そもそもの移動するための空間自体をなくしてしまったり、細くしたりと行った設計へと変化しています。また、その場所を収納として使ったり、ベランダを広くする事でゆとりを演出するなど工夫がなされています。

現在、都内や広く空間が取れない住宅地で注目されているのが、三栄建築設計の2階をメインとした居住設計です。つまり、普段過ごすリビングやキッチンを始めとする重要な場所を2階に置くと言うもので、斬新なものとして脚光を浴びています。1階部分は、寝室やお風呂場と言った他の部屋として使用する事になります。何故2階に主要スペースを置くのかと言うと、日差しが入りやすく電気代が節約できるからです。もちろん住んでいる地域や立地にもよるのですが、複数階層の建築だと最下層はどうしても日当たりが悪くなってしまいがちです。それを改善すべく取った手法が、三栄建築設計の階層毎メインスペースを移動すると言う発想なのです。あらゆるスペースの活用方法を発想によって生み出す事で、効率の良い暮らしが可能になります。スペースの活用を行なうことで収納などをスッキりさせることも出来るようになっているので暮らしに様々な便利な点が生まれます。